[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 / daily bar is “big shadow line”, short-term is the 25th line downside support line

[東京 2日 ロイター] – <16:01> 日経平均・日足は「大陰線」、目先は25日線下値支持線に値固めか  日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陰線」。買い方の勢いが弱まっており、その後も売りの勢 いが続くことを表している。5日移動平均線(2万9575円53銭=2日)がローソク足の実態部分につ き、下を向いていることから、やや不安定な動きが続くことが想定される。 ただ、月末から月初にかけては調整が入ることも多く、「今後は25日線(2万9247円78銭=同 )を下値支持線として、2万9000円台値固めの動きが続きが続くのではないか」(国内証券)との指摘 が聞かれた。 <15:49> 新興株市場はまちまち、マザーズ市場では直近IPO銘柄で物色も 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は小幅続伸した。市場から は「マザーズ市場では、直近IPO銘柄で個人投資家を中心とした物色が広がった。マザーズ指数は121 0ポイント付近を下値基準として、再び上昇基調をたどるのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は0.18%安。個別では、日本銀行 が連日のストップ高となり昨年 来高値を更新したほか、夢真ホールディングス 、ナカニシ などがしっかり。一方、アピリ ッツ 、小僧寿し 、シンバイオ製薬 などはさえない。 マザーズ指数は0.41%高。個別では、メルカリ 、BASE 、プレイド な どが堅調に推移した。一方、サンバイオ 、ティーケーピー などは軟調。 <14:31> 日経平均は軟調、280円安 「上値追う主体者不在」との声も 日経平均は軟調。前営業日比280円ほど安い2万9300円台後半で推移している。引き続き、値が さ株や半導体関連株の利益確定売りが相場の重しとなっている。 市場からは「前場には3万円も視野に入ったが、再び失速し、不安定な状況が続いている。上値を追う 主体者が不在で、目先は2万9000円台での値固めの動きが続きそうだ」(国内証券)との声が聞かれた 。 <12:49> 日経平均は後場下げ幅拡大、一時340円安 値がさ株の利益確定が重し 後場に入り、日経平均は下げ幅を拡大、前営業日比250円ほど安い2万9400円台前半で推移して いる。後場スタート後、一時340円超安となる場面もあった。市場からは「値がさ株や半導体関連株で利 益確定売りが先行し、相場の重しとなっているほか、米株先物が軟調に推移しており、警戒感が広がってい るようだ」(国内運用会)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は反落、上値の重さを意識 中盤から戻り売りに押される  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比108円75銭安の2万9554円75銭となり、反落 した。米株高を好感して続伸して始まったものの、上値の重さが意識され、中盤から戻り売りに押される格 好となった。 1日の米国株式市場は大幅高。債券市場の売りが落ち着いたほか、新型コロナウイルスワクチンや追加 経済対策に関連した動きを受けて早期の景気回復への期待が高まった。一方、米供給管理協会(ISM)が 発表した2月の製造業景気指数は3年ぶりの高水準となった。新規受注の伸びが加速した。 これらを好感する形で、日本株は前日の好地合いを引き継ぎ、上値を追ってスタートした。幅広く物色 されて日経平均は3万円回復まであと一歩まで迫ったが、届かなかったため「それが心理的に悪影響を与え て、失望感から値を消す展開になった」(国内証券)という。 マイナスに転じた確たる材料は見当たらず、市場では「前日と朝方までの急な戻りに対する反動がある ほか、日経平均3万円より上値には戻り売りが厚くなるとの警戒感が生じている」(証券ジャパン・調査情 報部長の大谷正之氏)との声が聞かれた TOPIXは0.48%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2574億1000万円と なった。東証33業種では、空運業、海運業、鉱業などの値下がりが目立ち、上昇業種は精密機器など7業 […]

[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 / Daily is “upper shadow line”, deviation rate from 25th line 4.53% | Reuters

[東京 18日 ロイター] – <16:02> 日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53% 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「上影陰線」。買い手の心理としては失望感を表すことが多い。 終値と25日移動平均線(2万8925円91銭=18日)の乖離率は4.53%まで下がっており、高値 警戒感は解消されつつある。 一目均衡表では転換線(2万9631円40銭=18日)が再び上を向き始め、目先は上値を追ってい く可能性もありそうだ。 <15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。市場では「日経 平均がさえない動きとなる中、新興株市場でも利益確定売りが優勢となった。特に、マザーズ市場では直近 IPO銘柄の下落が目立つ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 きょうマザーズ市場に新規上場したアクシージア は、公開価格を41.44%上回る2051 円で初値を形成。その後2440円まで上値を追い、2300円で取引を終えた。 日経ジャスダック平均は0.87%安。個別では、GMOフィナンシャルホールディングス が 一時ストップ高となったほか、シンバイオ製薬 、チエル が値上がり。半面、CAICA、フォーサイド などは値下がり。 マザーズ指数は1.69%安。個別では、JIG─SAW 、INCLUSIVE など が高い。一方、QDレーザ 、アールプランナー など直近IPO銘柄はさえない。 <14:52> 日経平均は小幅安、3万円回復で達成感 「新規材料待ち」との声も 日経平均は小幅安、前営業日比60円ほど安い3万0200円台前半で推移している。市場からは「日 経平均3万円回復で市場には達成感も広がっている。今は新規の材料待ちで、積極的な売買は手控えられて いるようだ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 東証1部の騰落数では、値下がり銘柄が約7割となっている。一方、東証33業種中、電気・ガス業、 空運業などは値上がりし、出遅れ銘柄では物色が広がっている。 <13:00> 日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売り先行 後場に入り日経平均は前営業日比30円ほど安い3万0200円台半ばとマイナス圏で推移している。 前場に続き指数寄与度の高いファーストリテイリング が上昇し日経平均を150円ほど押し上げて いるが、東証1部の騰落数では約7割が値下がりし、相場全体はさえない動きとなっている。 市場からは「高値警戒感も意識され、主力の銘柄で利益確定売りが先行している。だが、基調としては 上昇過程にあることに変わりはなく、足元の値動きは一時的な調整だとみている」(国内証券)との声が聞 かれた。 <11:50> 前場の日経平均は反発、ファーストリテが上昇を支える展開に 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円78銭高の3万0344円97銭となり、反発。 主力銘柄が利益確定売りで押される中、指数寄与度が大きいファーストリテイリング の上昇が支え る展開となった。TOPIXはさえない。 前日の米国株式市場はナスダック総合 が続落し、S&P総合500種 がほぼ横ばいで取 引を終了。IT関連株への売りやインフレを巡る警戒感が重しとなった。一方、ダウ工業株30種 は 上昇した。 日本株は朝方から主力銘柄を中心に利益確定売りが優勢となったものの、ファーストリテが踏み上げの 様相を呈し、この1銘柄だけで日経平均を支える格好となっている。前引け段階で同社は前日比4300円 高。除数27.769で計算すると、154円寄与したことになり、実質的な相場はマイナスで、TOPI […]

Dow and S & P fall back on US stocks, IBM / Intel is cheap | Reuters

[Reuters]–In the US stock market, 30 Dow Jones Industrial Averages and 500 S & P stocks fell back. IBM and Intel were sold due to sluggish financial results, putting pressure on the market. Analysts also point out that expectations for a full resumption of US economic activity within a few months are declining. On January […]